宅地建物取引業者

宅地建物取引業者

宅地建物取引業者について理解しましょう。(・∀・)b

スポンサード リンク
カー用品通販 > 宅地建物取引業者

宅地建物取引業者とは

宅建とは、住宅の公正な行いができるように創設された資格であります。

不動産売買や賃貸の仲介に不可欠とされる資格であり役割です。

その理由として「3つの独占業務」があります。

1:不動産の買主や借主に対して契約前に物件や契約条件を説明する重要事項説明

2:重要事項の説明書面への記名・押印、契約書(37条書面)に記名・押印ができる

3:5人に1人の割合で有資格者を置く「設置義務」

 

会社には、設置義務があるために有資格者への需要が減ることはありません。

これから勉強をして資格を入手することを考えているなら有望な分野です。

宅地建物取引業者免許

スポンサード リンク

 

 

 

試験に合格したら、仕事に就くために免許が必要になります。

免許の所得は、試験地の都道府県知事によって行われます。

免許は、試験合格以外に実務経験や実務実習を修める必要があります。

 

実務経験の詳細は細かく分かれているので都道府県に直接問い合わせください。

必要書類と登録費用が必要ですので、事前に問い合わせしておきましょう。

仕事につかない人は、免許は必ずしも必要ではありません。

試験合格自体が取り消されることもありません。

あとで実務実習を受ければいつでも仕事につくことができます。

宅地建物取引業者 トップへ戻る